オリゴDNA・RNA合成サービス

TOP > オリゴDNA・RNA合成サービス > SARS-CoV-2(COVID-19)プライマー・プローブ

オリゴDNA・RNA合成サービス

研究支援サービス

臨床検査サービス

取扱製品

SARS-CoV-2(COVID-19)プライマー・プローブ

リアルタイムOne-Step RT-PCR法用プライマー・プローブ
『新型コロナウイルス検出用 N2プライマー・プローブセット合成』
『新型コロナウイルス検出用 プライマー・プローブセット合成Mixtureサービス』

日本遺伝子研究所の『新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)検出用プライマー・プローブ(リアルタイムOne-Step RT-PCR法用)』は、国立感染症研究所の「病原体検出マニュアル2019-nCoV Ver.2.9.1」に則ったカスタム合成サービスです。
ご要望にお応えして、新たなサービスを追加いたします。

【New】新型コロナウイルス検出用 N2プライマー・プローブセット合成
国立感染症研究所のマニュアルでは、一つのサンプルに対してNセットとN2セットのPCRを実施することになっていますが、やむを得ない場合に限り、N2セットのPCRのみを実施する運用例も掲載されています。
(国立感染症研究所発行「新型コロナウイルス検査法の運用についてのガイドライン第3版」)
このようなケースに鑑み、従来のN&N2セット合成より、「N2セット」のみでのご提供を追加いたします。

【New】新型コロナウイルス検出用 プライマー・プローブセット合成 Mixtureサービス
これまでのプライマー・プローブ単独の納品形態に加え、あらかじめセットのプライマー・プローブを混合した「Mixtureサービス」も開始いたします。PCR反応液調製が簡便化されます。
● 国立感染症研究所のマニュアルに則ったリアルタイムRT-PCR 20µLの系に、Mixtureを2µL投入する仕様です。
● 100反応ずつを5本のチューブに分注してお届けします。分注の手間や品質劣化のリスクが大幅に減少するので、無駄がなく合理的です。
● Mixtureの場合のPCR反応組成は、「反応スキームの例」の(例2)をご参考ください。

▶新型コロナウイルス検出用 プライマー・プローブセット合成 ラインナップ

新型コロナウイルス検出用 N&N2プライマー・プローブセット合成
500反応/1セット \50,000(税抜き)
新型コロナウイルス検出用 N2プライマー・プローブセット合成
500反応/1セット \25,000(税抜き)

上記セット合成のプライマーはOPCグレード、プローブはFAM-BHQ1修飾でHPLCグレードです。
Mixtureサービスも承ります(追加料金はありません)。ご希望の場合は申込書の「オプション」の欄にチェックを入れてください。
本合成品は研究用試薬です。

新型コロナウイルス検出用 プライマー・プローブセット合成 申込書 (手書用PDF入力用 EXCEL)


▶必要なプライマーやプローブのみを単品でもご注文いただけます。
増量合成も可能です。また、FAM-BHQ1以外の修飾種もご指定いただくことができます。

新型コロナウイルス検出用 プライマー・プローブ単品合成 申込書 (手書用PDF 入力用 EXCEL)

▶Two-Step RT-PCR法に対応した新型コロナウイルス検出用プライマーの合成も承ります。
プライマー全12種すべて、または必要なプライマーのみのご注文も可能です。配列は国立感染症研究所の情報をご参照ください。

新型コロナウイルス陽性コントロールRNAもご用意しております。

▶新型コロナウイルス陽性コントロールRNA(NIID対応)
国立感染症研究所推奨のリアルタイム One-Step RT-PCR「Nセット・N2セット」2種に使用できるssRNA陽性コントロールのセットです。

⇒詳細はこちら

▶新型コロナウイルス陽性コントロールRNA(米国CDC対応)
米国CDCのリアルタイム One-Step RT-PCR法に対応した新型コロナウイルス陽性コントロールRNAの販売提供しております。

⇒詳細はこちら

プライマー・プローブに関して
お問い合わせ先
株式会社日本遺伝子研究所
合成事業部
TEL: 022-388-9748   FAX:022-388-9740
E-mail: oligo@ngrl.co.jp

陽性コントロールRNAに関して
お問い合わせ先
株式会社日本遺伝子研究所 アプリラボ
TEL:022-388-9746 FAX:022-388-9740
E-mail: application@ngrl.co.jp

新型コロナウイルス検出用プライマー&プローブ(PCR法)のご案内

新型コロナウイルス検出用のリアルタイム RT-PCR では2ヶ所の領域を測定するため、1サンプルあたり2つのtube/wellを必要としました。
日本遺伝子研究所では、この2つの領域のプローブに異なる蛍光色素を用いることにより、2つのPCRを1本で実施することを可能にしました。
1サンプルあたり1tube/well測定で、処理能力(キャパシティー)を単純に倍増させることが可能です。

▶ 蛍光色素を変更したプローブを提供します。

国立感染症研究所推奨のNセット、N2セットのプライマーやプローブ配列です。増量合成も承ります。
Nセット用プローブと、N2セット用プローブは異なる蛍光色素をご指定ください。

※リアルタイム One-Step RT-PCR法用のプライマーやプローブです。
 配列は国立感染症研究所の情報をご参照ください。
※単品の保証量は最低保証量です。増量合成も可能です。お問い合わせください。
※プライマーはOPCグレード、プローブはHPLCグレードの場合の価格です。
※価格に消費税は含まれておりません。
※乾燥品、水溶液品のどちらでも承ります。原則、水溶液品の濃度は100μMとなりますが、ご指定濃度を承ることもできますので、その場合にはお申し付けください。
※これらは研究用試薬です。

▶ 弊社の陽性コントロールRNA 1tube/well 検証データ

使用プローブ: Nセット用HEX-BHQ修飾、N2セット用FAM-BHQ修飾
使用MMX: TaKaRa,One Step PrimeScript Ⅲ RT-qPCR Mix(RR600S)

国立感染症研究所の病原体検出マニュアル3月4日更新版「2019-nCoV Ver.2.8」では、陽性コントロールRNAの50コピーが安定して検出されればよいとされています。
弊社の陽性コントロールRNAの1well反応の検証は上表のとおりです。

ご注文の際には、製品送付先(所属、担当者名)、連絡先 Tel、FAX、試薬取引業者名等の必要な情報をご明記いただけますようお願い申し上げます。


お問い合わせ先
株式会社日本遺伝子研究所
合成事業部
TEL: 022-388-9748   FAX:022-388-9740
E-mail: oligo@ngrl.co.jp


新型コロナウイルスPCR法についてのお知らせ

新型コロナウイルス(nCoV)感染拡大を受けまして、この度、国立感染症研究所で検証されたnCoV検出用プライマー&プローブ(リアルタイムOne-Step RT-PCR法)についての情報をお知らせいたします。

PCR法によるnCoV検出用プライマー&プローブにつきましては日本遺伝子研究所で提供しております。
セット合成、単品合成、いずれも提供しております。


合成情報、PCRスキーム、反応プログラムなどの詳細
⇒詳細はこちら

セット合成、単品合成
⇒詳細はこちら

セット合成、単品合成の価格表
⇒詳細はこちら

ページのトップへ戻る