研究支援サービス

TOP > 研究支援サービス > 検査概要

オリゴDNA・RNA合成サービス

研究支援サービス

臨床検査サービス

取扱製品

検査概要

株式会社日本遺伝子研究所

CTC(血中循環腫瘍細胞)検査
微小流路デバイス(Microfluidic Chip)法
検査概要

ご依頼に際しては、担当医師から検査の重要事項(別紙)について説明を受け、ご理解いただいた場合に限り、所定の同意書にご署名の上、ご依頼ください。

検査概要

検査名:CTC(Circulating Tumor Cells、血中循環腫瘍細胞)検査 
検査法:微小流路デバイス(Microfluidic Chip)法
血液は、溶血処理や遠心などの物理的ダメージを一切避け、微細流路に血液を流し、56320個のウェルに腫瘍細胞を捕捉します。
DAPI・CD45・CK・Vimentinで染色された細胞を検出し、解析します。
<CTCの種類>
 図1

 

DAPI:細胞の核染色
Cytokeratin:上皮細胞や上皮由来細胞、上皮由来悪性腫瘍細胞に発現
CD45:すべてのヒト白血球(リンパ球、好酸球、単球、好塩基球、好中球)に発現
Vimentin:EMTマーカー

血液量 10ml
検査日数 10営業日以内
価格 応相談
予約 完全予約制となります。お手数ですがメール(ctc-lab@ngrl.co.jp)
またはFAX(022-388-9740)にて日程をご確認ください。
なお、万が一予約が一杯の際には、日程変更のお願いをさせていただく場合もございますので、何卒ご了承ください。

採血保存容器
保存方法
(詳細別紙参照)

Cell-Free DNA BCT®(Streck社製)10ml(※弊社指定)
・採血前の容器→冷蔵保存
・採血直前    →常温に戻す
・採血後の容器→常温保存
採血後すぐに、10回転倒混和し、常温で保存してください。
採血後は常温(15~30℃)で48時間安定ですので、採血後の冷蔵および冷凍保存は禁止となります。
梱包・送付先
(詳細別紙参照)
検体は引き続き15~30℃の常温を保つよう梱包の上、採血時から48時間以内に弊社に必着するようお送りください。
送付先:〒983-0013宮城県仙台市宮城野区中野1-5-28
           ㈱日本遺伝子研究所 CTCラボ宛 TEL:022-388-9747
受付日・時間帯 祝祭日を除く平日の火曜日~金曜日、午前中必着

 

 

ページのトップへ戻る