研究支援サービス

TOP > 研究支援サービス > 数値シミュレーション

オリゴDNA・RNA合成サービス

研究支援サービス

臨床検査サービス

取扱製品

数値シミュレーション

本研究所では、数値シミュレーションの受託に当たり、研究顧問をしていただいているナノテク・シミュレーションの世界的権威である東北大学金属材料研究所の川添良幸教授による支援を受けています。

sim

第一原理シミュレーション計算
ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、エネルギー・環境問題と全ての分野において、量子力学の基本原理に基づいた原子・電子レベルでの新物質設計と物性算定が重要になっています。数値シミュレーションにより、必要とする新物質・材料・素材を予言することが可能です。必要により実験部門との共同により開発を加速することも出来ます。本研究所の数値シミュレーション受託では、第一原理シミュレーション計算に止まらず、相談により広範な業務に対応可能です。 左図は、東北大学金属材料研究所の川添教授の第一原理シミュレーション計算により、全く実験に依存せずに予言されたフラーレンと同様の高い対称性を有するシリコンのナノ構造体です。後に実際に実験で作成され、シリコンフラーレンと呼ばれるようになりました。その特異な発光性から癌部位の詳細測定などに活用されようとしています。

お問い合わせ

住所 〒983-0005 宮城県仙台市宮城野区福室字明神西58-2
㈱日本遺伝子研究所
TEL:022-388-9741 FAX:022-388-9740

ページのトップへ戻る