研究支援サービス

TOP > 研究支援サービス > スタンダード作製サービス

オリゴDNA・RNA合成サービス

研究支援サービス

臨床検査サービス

取扱製品

スタンダード作製サービス

■スタンダード作製サービスとは

検量線法によりリアルタイムPCR定量解析を行う際、スタンダードが必要となります。
リアルタイムPCRのアプリケーションに応じて、濃度既知のスタンダードDNAおよびRNAをご提供します。

アプリケーションスタンダード
2step RT-qPCR プラスミドDNA
1step RT-qPCR 人工RNA(in vitro transcripion)
DNA定量 プラスミドDNA
SNP解析 プラスミドDNA

■日本遺伝子研究所で行っている主な事例

・mRNA定量用スタンダードDNAおよびRNA作製
・病原性バクテリア/ウイルス定量用スタンダードDNAおよびRNA作製
・変異検出用コントロールの作製
・インターナル増幅コントロールの作製

■日本遺伝子研究所だからできる特徴

入手困難なウイルス株、変異配列、融合配列などの場合でも、人工合成によりスタンダードを作製することが可能です。
また、ご利用のアッセイに応じて、インターナル増幅コントロールの設計やプラスミドの直鎖化など、各種のご提案が可能です。
独自に開発した安定化剤(特許出願済)によりRNAスタンダードの保存安定性を飛躍的に向上させることに成功しました。

■価格・納期・提出条件

価格・納期・提出条件
依頼書(Wordファイル)PDF

■お問い合わせ

(株)日本遺伝子研究所 研究支援サービス
TEL:022-388-9747 FAX:022-388-9740
E-mail: application@ngrl.co.jp

ページのトップへ戻る